楽児の日記

高木楽児のお絵描きブログです。作品の進捗と嘆き。

耽美な顔を描きたい

f:id:takagi_rakuji:20220331165802p:image

「最近、拘った顔描けてないな」と思い、顔だけ練習しました。本当はこれぐらい目や唇を描き込みたい人間です。あまりやりすぎるとケバくなるので加減が難しいところ。

練習するにあたって、『絵師のためのネタ帳』様の『イケメンの描き方』を参考にしました。理想の顔の比率やアオリフカンのバランスなど、今後も参考にさせて頂きます。

etatsu.work

 

気をつけたこと

f:id:takagi_rakuji:20220331175328p:plain

画像に書き込みました。面長だとリアルに寄るので、もう少し丸顔でも良かったかもしれません。

手癖でついやってしまうこと

  • 頬骨付近にハイライトを入れがち
  • 眉の位置を高くしがち
  • 口を小さく描きがち
  • 顎を長く描きがち
  • 気を抜くと求心顔になる(パーツが中心に寄る)

特に「頬の凹凸はあまり描かないほうがいい」というのが発見でした。リアル寄りな絵柄にするとつい描いてしまうのですが、老けて見えます。目、鼻、口以外はあまり影を描かないほうがいいのかもしれません。

目と口を大きく描き、鼻は小さく描く。このへんはデフォルメの基本通りです。

後は、直したい手癖に、「日本人っぽい目を描いてしまう」というのがあります。5年経っても直せていないので、そろそろ外国人っぽい目を描けるようになりたいです。

 

理想の絵柄

ドールっぽい顔立ちが理想です。アンニュイでセクシーな雰囲気がいいですよね。耽美な絵柄で描くときは、ドールの顔を参考にしたいです。