楽児の日記

高木楽児のお絵描きブログです。作品の進捗と嘆き。

夢野久作安定して好みで良き

夢野久作の「きのこ会議」と「がちゃがちゃ」を読みました。かわいい〜〜〜〜

小さき者たちがわちゃわちゃしている様子と毒のあるラストの対比がグッド。無情。こういうコミカルな作品も書かれていたんですね。

夢Qはドグラ・マグラが有名だと思うのですが、読み始めは短編から入った方が良いですよね。

どなたかが「太宰治を読んでみようと思って人間失格に手をつけるのは、夢野久作ドグラ・マグラから手をつけるのと一緒だ。」と言われていてなるほど、と思ってしまいました。読みやすい短編も沢山あることを知ったにわかでした。

本を沢山読みたいです。最近は電子書籍も利用しているのですが、やはり紙の本をめくるのが楽しくて。カズオ・イシグロの作品は何冊か家にあるので読んでみようかな。

村上春樹は薦められましたが、デビュー作でギブアップしました。「職業としての小説家」は今読んでいます。

追記:「職業としての小説家」を半分ほど読みました。めっちゃ面白いです。作家としてのスタンスがとても自然で、内容もスッと入ってきます。

エッセイやハウツー本は作者と価値観が合うかどうかが重要だと思っているのですが、これはアタリでした。良い教授に出会えた時のような感情を味わっています。