楽児の日記

高木楽児のお絵描きブログです。作品の進捗と嘆き。

架空のラノベのカバーイラスト

前回まで描いていたコンセプトアートが詰まったので、今回は違う作品です。

f:id:takagi_rakuji:20210924185111p:image

テーマはライトノベルのカバーイラストです。女の子も男の子もどこかで見たことある感じのデザイン。

ラノベにしては色味に華やかさがないかもしれません。小物も苦手なので、練習していきたいと思います。

拘束衣モチーフお兄さん②世界観を掘り下げる

前回の記事で、拘束衣をモチーフにしたオリジナルキャラクターを作りました。アイデアから連想したワードから、世界観の設定を掘り下げていきたいと思います。

世界観といっても意味が広いので、ここではジャンル、舞台設定、登場人物の服装、の大きく3つに分けて考えていきます。方向性のまとめと資料集めがメインです。

takagi-rakuji.hatenablog.com

 

 

①ジャンル

漠然とホラーゲームをイメージしていました。実際に作るわけではありませんが、3Dのアドベンチャーアクションを想定しています。

ビジュアルの方向性は、幻想的退廃的でいきます。

f:id:takagi_rakuji:20210909215105p:plain

 

②舞台設定

時代は現代。2021年現在だとコロナを無視できないので、コロナが流行する前の2018年に設定します。

天国がフレーバーとして入っているので、キリスト教圏のどこかの国……調べてみたらドイツの街並みが素敵だったので、ドイツにします。

ドイツにはフォルクスフェストという、ビール祭と移動遊園地が組み合わされた大規模なお祭りがあります。常設されているわけではない、という点も刹那的でぐっときたので、モデルにします。

ただ、ビジュアルイメージの幻想的、退廃的というイメージとは合わない(熱狂的で楽しそうなお祭りだった)ので、現実のお祭りをモデルにした異空間を舞台にしようと思います。

gotrip.jp

www.newsdigest.de

 

 

③登場人物の服装

服装は現代ドイツのファッションをベースに、幻想的、退廃的というイメージから盛っていきたいと思います。異空間がどんなものか、現段階ではまだ固まっていないのですが、そこまでファンタジーっぽくはならないと思います。

天国というフレーバーがあるので、白を基調にしたり荘厳にしたり?ドイツの色合いを潰さない程度にアレコレ練ってみたいと思います。

 

 

まとめ

時代設定と舞台が決まったことで、解像度が上がりました。ドイツの文化も、少し調べただけでも魅力的なところがたくさんあったので、もっと細かく知りたいと思いました。ソーセージやビールが本当に美味しそうで、はい。

ドイツ舞台だと、いかつくてカッコイイおじさんや人形みたいに可愛い女の子もデザイン出来そうです。次の記事で世界観のビジュアルも練っていけたらなーと思います。

拘束衣モチーフお兄さん①キャラデザ

漫画を描くことをやめてからお休みしていた一次創作を、本格的に再開することにしました。前回の記事のセヴランもオリジナルのキャラクターですが、新しいキャラクターを作るのは久しぶりです。

最終的にはイメージボード(※世界観や設定が相手に伝わるように制作されたイラストのこと。ゲームやアニメの方向性を固める際に用いられる。)に仕上げたいと思っています。

オリジナルの一枚絵をもっと増やしたいです。

f:id:takagi_rakuji:20210908151829p:plain

イデアから膨らませていく

拘束衣がモチーフです。鎮静衣とも言うらしいです。

ちんせい‐い【鎮静衣】
着用者を拘束する目的の衣服。袋状の長い両袖を胴体に巻いて固定したり、首だけが出た袖がない上着を着せたりする。戒具として使うほか、自傷行為の防止のために用いる。拘束衣。

デジタル大辞泉』より引用

このお兄さんの場合は全然拘束されていませんが、白くてふわっとさせたかったんです。飾り縄やボディハーネスの方が近いかもしれません。

あとは、浮世離れしている感じが出ているといいです。

「外見は成人男性なのに、真っ白なセーラー襟で、ハート目で、何故か菱縄縛りされている」というのは、言葉は悪いですがヤベー奴感があります。そういうの好きです。

変態にするというのはもう決めていたので、どういう方向性の変態にするかを考えていきます。温厚なサイコパスは萩元優一郎で描いたので、今度は喜怒哀楽がはっきりしていて意思疎通が取れるキャラクターにしたいです。幼さの中に色気があるといいな。

舞台は「精神病院」「遊園地」「天国」などが思い浮かびました。どれも俗世から離れている場所です。遊園地が扱いやすそうなので、遊園地を中心に考えていきます。

 

漫画にするわけではないので、ストーリーを練り込む必要はありませんが、世界観として、絵として面白くなるように設定を練っていこうと思います。

 

 

続きました

 

 

絵垢が快適です

f:id:takagi_rakuji:20210726164633p:image

イラストはFGOの藤丸立香(ぐだ男)とオベロン。

 

Twitter上でも耳栓をする

先日絵垢を作ったのですが、なかなか快適に運用できています。

以前のフォロワーさんが、またフォローしてくださったことが嬉しかったです。覚えていてくださってありがとうございます。

0フォローという、若干感じ悪いことをしているのですが、それが薄い膜のはたらきをしてくれています。

HSPが、耳栓をするのと似たような感覚です。流れ込んでくるものに、自分で仕切りをつける安心感といいますか。これぐらいの距離感がお互いにとっても丁度良い気がします。

タイムラインがあると、どうしてもネガティブなツイートが流れてきます。何をRTするのもその人の自由なので、それは仕方のないことです。それを見たくないならタイムラインを作らなければいいんです。

人は人、自分は自分が基本だと思いますので、引きずられるよりは、ちょっと遠いぐらいの方が良いんじゃないかと思っています。

他の方の作品は鍵垢で見て、絵垢は発信に徹したいと思います。

良い絵を描いて、その絵を楽しんでもらえるようになりたいです。