楽児の日記

高木楽児のお絵描きブログです。作品制作の進捗と嘆き。

気付けば6月

「ちゃんとした絵が描けたらブログ更新しよ」と思っていると、なかなか描けないもので、気が付いたら6月になっていました。

この体感で、あっという間に夏になって秋になって一年が終わってしまうとしたら、たまったものじゃありません。今年はまだ何もしてないです。してないことはないのですが、もっと出来ることがあるのになぁと、歯痒い思いをしています。

今回載せる絵は2枚とも落描きです。ピンク髪が被ったのはたまたま偶然。下の絵は高校の時の絵のリメイクです。

f:id:takagi_rakuji:20210611170956j:image

f:id:takagi_rakuji:20210604174428p:image

絵柄探しの旅 方向性が定まりました

f:id:takagi_rakuji:20210509210742j:image今年の2月から絵柄探しの旅をしています。「バラ付きのある絵柄を統一するために、他の方の絵柄を参考にしたり、自分の持ち味を考えたりする」という内容です。

そろそろ方向性を定めたいと思ったので、この記事を書きました。以下は振り返りと結論です。

takagi-rakuji.hatenablog.com

 

 

仕事を意識した作風と好みの作風

仕事を意識した作風

  • トレンドの絵柄
  • ソシャゲ塗り
  • ラノベで使えるような絵

トレンドの絵柄でキャラデザの仕事=競争が激しい。この作風でやりたくてやっている人たちには絶対勝てない。描けて損はないが、この絵柄で固める必要もない。

 

好みの作風

  • 耽美
  • 00年代アニメ風(セル画風)
  • 厚塗り

耽美は組み込めそう。00年代アニメ風は、先人の絵柄でお金を稼ぐわけにはいかないから論外。厚塗りはものによる。キャラデザはよっぽど上手くないと仕事にならない。背景が描けるようになると使えるタッチ。

 

仕事にできそう+好みの作風

  • フォトリアル
  • コンセプトアート風の風景イラスト
  • 装画

一番描けるようになりたい分野であり、一番難易度が高い分野でもある。

今後は、「耽美×風景画」を目指して描いていこうと思います。トレンドの絵柄を勉強した方がいいと思いつつ、メインはこっちに置きます。結局は好きなものを描いた方が、技術も評価も伸びるからです。

いきなり絵柄を変えるのではなく、ちょっとずつ改良するつもりでやっていこうと思いました。

 

 

色使いに変化を

f:id:takagi_rakuji:20210509231346j:imageこれまでは、主にダルトーンを使用して塗っていました。レトロ風の作画と相性が良く、程よく暗いので画面も埋まって見えます。

しかし、ダルトーンを多用すると画面がくどくなる印象がありました。また、フォトリアルとは相性が良くありません。写真は基本的に彩度が低いので、中彩度中明度のダルは「イラストっぽさ」が過剰に出てしまうのだと思います。

吸血鬼すぐ死ぬ フクマさん

ダルトーンを多用したイラスト例

そこでライトグレイッシュトーンをメインに置いてみることにしました。「落ち着いた、上品」という自分の好みを残しつつ、絵を軽やかに出来ると思います。フォトリアルとの相性もよく、普通にイラストを描くにしても可愛らしい色合いです。

これは試してみないと分からないので、近々描いてみたいと思います。

 

 

 まとめ

  1. トレンドの絵柄は、描けて損は無いがそこで固める必要もない
  2. 『耽美×風景画』を目指して描く
  3. 彩度を下げて、軽やかに

以上が3ヶ月間試行錯誤した結論です。ずっと方向性を定めないのも大変なので、一旦はこれでいこうと思います。良い絵になるといいな~。

 

FRESH!!

f:id:takagi_rakuji:20210504163159p:image

習作です。商業向けのイラストっぽく描けたと思います。描き込み量は良い感じなのですが、明るい表情や新鮮さを表現するのは苦手だと感じました。特に今回は「FRESH!!」というテーマなので、苦手が際立ちます。

  • フレッシュ→果物
  • イラストレーションコースのメインビジュアル→モニターとペン

という。分かりやすいけど安直な表現の典型です。実際ステレオタイプの表現は好きなので、気を付けないとつい描いてしまいます。今は変化の時代なので、ついていかなければいけないと思います。

暗い、じめっとした表現やレトロモチーフは得意なので、そこを伸ばしつつ、苦手も克服していきたいです。

クッキーがめっちゃ走るゲーム

f:id:takagi_rakuji:20210426102146j:image友人にすすめられて「クッキーラン オーブンブレイク」を始めました。イラストではサラッと擬人化していますが、彼らは本当は2等身のクッキーです。

アールグレイ味クッキーとチェスチョコクッキーが推しで、競技はずっとこの子達と走っています。

アールグレイ味クッキーとチェスチョコクッキー 競技

アールグレイ味クッキーとチェスチョコクッキー ©Devsisters

 

 

 

 クッキーラン オーブンブレイクとは

クッキーランオーブンブレイクの画像

クッキーランの主人公「勇敢なクッキー」©Devsisters

クッキーランとは、韓国のゲームメーカーであるデブシスターズで開発された、ランニングアクションゲームです。(wiki参照

形式は昔ながらの強制横スクロールで、アイテムを取ったり障害物を避けたりしながらスコアを稼ぎます。操作は簡単ですが、画面作りが凝っていたり、ステージが難しかったりして、全然飽きないんですよね。

クッキーラン自体は2013年からあるので、LINE版をやっていらした方は結構多いと思います。今私がプレイしているのは、LINE版の後続の2016年から始まったゲームです。

 

 

 

クッキーたちが滅茶苦茶可愛いんですよ

ストーリーは、魔女のオーブンを抜け出したクッキーたちが、クッキーの楽園を求めて冒険するというもの。クッキーが走ってお話する世界なので、子供でも楽しめるメルヘンワールドです。

しかしクッキーと思って侮ることなかれ。デザインが物凄くオシャレなんですよ。

私もアールグレイさんが実装されるまでは、よく分かっていなかったんですけど、時々性癖をぶち抜いていくクッキーがいます。彼もその一人(?)です。

  • 垂れ目で碧眼
  • 柔らかな色の長髪
  • 眼鏡
  • 上品な佇まい
  • 口元のほくろ

要素がドンピシャすぎて。垂れ目でほくろですよ。クッキーにあるまじき色気。アールグレイさんの隣に並んでいる、チェスチョコちゃんもとっても可愛いんです。悪役で無邪気な双子なんです。話すと本当に長くなるので、わちゃわちゃしている推しのイラストを添えて終わりにします。

クッキーランは、運営も良心的ですし、無課金でも十分楽しめるのでオススメします。